第2回バーチャルドッカン大乱戦2.0を攻略!おすすめチーム編成やキャラクターを紹介

第2回バーチャルドッカン大乱戦2.0攻略情報

 

リニューアルされた『バーチャルドッカン大乱戦2.0』。

2018年5月現在、リニューアル後第2回目が開催されています!

 

ここでしかもらえない秘宝『激闘の記憶』で入手できる報酬も豪華ですから、少しでもクリアを進めたいところ。

そこで今回は第2回バーチャルドッカン大乱戦2.0の攻略情報をご紹介していきます!

 

スポンサーリンク

第2回バーチャルドッカン大乱戦2.0の基本情報

 

まずは第2回バーチャルドッカン大乱戦2.0の基本情報から抑えておきましょう。

リニューアル後第2回目の開催となった今イベント、細かい部分で前回とは変更されている点があります。

 

敵の属性が変更

 

リニューアル後はじめて開催された第1回と、今回の第2回では大きな変更点があります。

それが敵の属性です。

 

登場する敵キャラクター自体や登場順(配置ステージ)、強さ(HPなど)は基本的に変更ありませんが、属性だけがシャッフルされています。

そのため、前回クリアできたからと言ってそのままの編成で挑むと思わぬところでつまづいてしまうことでしょう。

 

ちなみに私自身は技属性の手持ちが比較的薄かったため、前回のステージ3の速属性のゴッド悟空は非常に苦戦した思い出があります…。

しかし今回は属性がシャッフルされたことでサクサクと勝ち進むことができました。

 

こればかりは自分がどのキャラを持っているか?どこまで育てているか?によりますから、前回と比べて難易度どうこうというわけではありません。

 

新規報酬の追加

 

また今回から秘宝『激闘の記憶』で交換できる報酬ラインナップに、新規実装のキャラクターが加わりました。

それが、


『戦闘民族の本能』超サイヤ人2孫悟空(天使)

『戦闘民族の本能』超サイヤ人2孫悟空(天使)


『戦闘民族の衝動』魔人ベジータ

『戦闘民族の衝動』魔人ベジータ


  • 『戦闘民族の本能』超サイヤ人2孫悟空(天使)
  • 『戦闘民族の衝動』魔人ベジータ

の2体です。

 

絵柄のモデルとなった原作の時期的に『魔人ブウ編』『復活戦士』『純粋サイヤ人』の3カテゴリに所属するので、幅広い編成で利用できるのは魅力的。

そしてなによりも対になった2体の絵柄が非常にかっこいいですね!

 

個人的にこのときの戦いでベジータが「おかげで今はいい気分だぜ」と不敵に笑ったあと、悟空も「本当にそうか?」とニヤリとするところが二人の関係性を表しているようですごく好きなシーンです…!!

 

さすがにフェス限のガシャ産ほどの性能はありませんが、ドラゴンボールファンの心をくすぐるシーンですしコレクションとしては持っておきたいところですよね。

 

報酬(秘宝)の量が増加

 

そして新規報酬が実装されたことに合わせてか、ミッションクリア時に獲得できる秘宝数が前回よりも増加しました。

上の2体もそうですし、LRギニューやLR悟空ギニューを入手できる貴重な機会ですから、これはありがたいですね。

 

スポンサーリンク

第2回バーチャルドッカン大乱戦2.0クリア例

バーチャルドッカン大乱戦2.0第2回ノーコンクリア攻略パーティー

第2回バーチャルドッカン大乱戦2.0ノーコンクリア攻略

 

さて、以上のように細かい変更点もありつつ、基本的には前回と変わらず手持ちの総力戦となるバーチャルドッカン大乱戦2.0。

いかに手持ちを揃えるか?組み合わせを考えるか?というところになってくるのであまり攻略法というものもないのですが…。

 

なんとか私も一度も負けずにノーコンクリアを達成できましたので、ここからは編成例をご紹介していきたいと思います。

なかなか勝てない人は参考にしてみてください。

 

1戦目:『こだわりのファイティングポーズ』ギニュー

第2回バーチャルドッカン大乱戦2.0:VS極知ギニュー

VS極知ギニュー戦パーティー

 

初戦は極知属性のギニュー。

基本的に被ダメージが莫大になる大乱戦は有利属性編成で挑むのが定石です。

ただしこの初戦のギニューだけはかなり易しいので、属性にこだわらず適当なカテゴリパーティーで攻めても勝利できます。

 

たとえば上のようにLR悟空ギニューをリーダー、極限悟飯(幼年期)をサブリーダーにして、あとは全てギニュー特戦隊編成でも余裕で勝てます。

全てイベントでゲットできて、かつ100%解放も簡単なのでここは活用していきたいですね。

 

もちろん体属性で挑んでも良いのですが、ラストのブルー悟空が知属性なので手持ちの体属性が少ない場合はここは節約したいところです。

 

2戦目:『死闘を制する力』ベジータ(大猿)

第2回バーチャルドッカン大乱戦2.0:VS極技大猿ベジータ

VS極技大猿ベジータ戦パーティー

 

2戦目、ステージ1のボスは極技属性の大猿ベジータです。

ここからは素直に有利属性の知属性パーティーでいくのが無難でしょう。

 

とはいってもまだまだ難易度は低めですから、サブ、2番手のパーティーで十分です。

ステージ3でも技属性とのバトルはありますから温存できる人はここは温存しておきましょう。

 

私は超知属性のほうがキャラも揃っていて強いので、極知でいきました。

必殺レベルがMAXなのは純粋ブウ、アルティメット悟飯吸収ブウ、天使ゴールデンフリーザであとは全て必殺レベル1で解放もそこまで進んでいませんが、3体も攻撃キャラがいれば十分に勝てます。

ただしブウは気力リンクが繋がりにくいので、メタルクウラのパッシブなので気力サポートをしてあげるとより安定性が増します。

 

3戦目:『ぶっちぎりの強敵』フルパワーボージャック

第2回バーチャルドッカン大乱戦2.0:VS極体フルパワーボージャック

VS極体フルパワーボージャック戦パーティー

 

3戦目、ステージ2の相手の一体が体属性のフルパワーボージャックです。

体力がかなり多くなりますが、サブの力属性パーティーで攻めても特に問題はないかなというところ。

 

120%リーダーのジャネンバと90%リーダーのLRブロリーのリーダースキルがあれば十分すぎるほどです。

強力なアタッカーがいない…という人は今なら伝説への挑戦キャンペーンでLRフリーザが作成しやすくなっていますから、これを機に作成しておけばぐっと攻略難易度も下がるでしょう。

 

4戦目:『パワーによる惨劇』合体13号

第2回バーチャルドッカン大乱戦2.0:VS極速合体13号

VS極速合体13号戦パーティー

 

4戦目は速属性の合体13号です。

この合体13号はHPが低いかわりにATKが非常に高いので油断しているとあっという間にやられてしまいます。

 

ただHPが低いということはATKの強いキャラが揃っていなくてもなんとかなるということ。

実際私も必殺レベルMAXなのはLRゴクウブラック(ロゼ)&ザマスのみで、あとは潜在解放こそ少ししているものの必殺レベルを一切あげていませんでしたが勝利できました。

ゴールデンフリーザ、パーフェクトセル、合体ザマスあたりはDEFが高いのでこのあたりのキャラで攻撃を受けてダメージに耐えつつ、LRロゼザマスできっちり必殺を打てば勝てるかな、というところ。

 

リーダースキルの倍率が高ければ、それなりに防御キャラなどを突っ込めばサブパーティーでもクリアできるでしょう。

 

5戦目:『悪の超サイヤ人』超サイヤ人ブロリー

第2回バーチャルドッカン大乱戦2.0:VS極力ブロリー

VS極力ブロリー戦パーティー

 

ステージ2のボスが力属性の超サイヤ人ブロリーです。

唯一前回と属性が変わっていないキャラクターでしょうか。

 

このあたりから育てていないサブパーティーでは安定性に欠けてしんどくなってきます。

私も最初あまり育っていない極速で挑んだところ、けっこうなHPを残して敗北してしまいました…。

 

ということで余力は残しつつもある程度本気で攻めるために、純粋サイヤ人の速属性染めで挑んだところ余裕が出ましたね。

やはりLR魔人ベジータ極限ドッカン覚醒済みの龍拳悟空に高倍率リーダースキルがかかるのがかなり大きいです。

またカリフラの回避が非常に優秀なのですが確率依存ですから、カリフラがどれだけ回避してくれるかによっても勝率がかなり変わるかなと。

 

ちなみにターレス、ブルー界王拳悟空は育てていないので穴埋め要因ですね。

 

6戦目:『引き裂かれた未来』ゴクウブラック

第2回バーチャルドッカン大乱戦2.0:VS極力ゴクウブラック

VS極力ゴクウブラック戦パーティー

 

ステージ2に続きステージ3でも力属性との勝負があります。

ゴクウブラックは必殺技封じをしてくるのが非常に厄介なので、誰かが必殺を封じられても困らないように攻撃要因は多めにしたいところ。

 

また得意属性とはいえ一発のダメージもかなり重くなるので、超サイヤ人4ベジータのように必殺無効&反撃できたり、超ベジットのように防御&反撃持ちがいるとかなり変わってきます。

さきほどのブロリー戦でカリフラを使用してしまったので入っていませんが、被りを持っている場合はこちらにもカリフラを入れるとより安定感が増すかも。

 

速属性は強力なキャラも多いはずですから、ここは万全の準備で臨みたいですね。

 

7戦目:『神の域への突入』超サイヤ人ゴッドSSベジータ

第2回バーチャルドッカン大乱戦2.0:VS超技ブルーベジータ

VS超技ブルーベジータ戦パーティー

 

7戦目は技属性のブルーベジータです。

特筆すべき点はありませんがシンプルに強いので、手持ちで一番強い知属性パーティーで挑むが妥当でしょう。

 

私の場合LRベジット、超ゴジータ、身勝手悟空、ブルーベジータあたりが主戦力です。

この4体は非常にATKが高いので、ここらで確実に必殺を入れていけばそんなに苦労はしないかなという印象ですね。

また未来トランクスの気玉変換も優秀です。

 

最後の1枠は迷いましたが…HP&防御要因ということでLRピッコロを入れてみました。

 

8戦目:『究極レベルのサイヤ人』超サイヤ人ゴッドSS孫悟空

第2回バーチャルドッカン大乱戦2.0:VS超知ブルー悟空

VS超知ブルー悟空戦パーティー

 

最終戦の第8戦目は、知属性のブルー悟空です。

文句なしに強いラスボスで、前回のリニューアル後の第1回では私自身何度もあと一歩のところでこの悟空に敗れて涙を呑みました…。

 

ただ今回は属性が変更になり有利属性が体属性になりましたので、私の手持ち的にはかなり戦いやすくなって余裕で勝利できました。

超体属性はゴテンクス3、LRゴジータ、LRトランクス、超ベジット、ベジットブルー…と強力なキャラが目白押しなので拍子抜けするほど楽勝だったかも。

 

ケフラは必殺レベル1のまま育てていないのですが、気玉変換があるので地味にいい仕事をしてくれますね。

特に戦略なども考えず、ごり押しでいけたなあという印象です。

 

第2回バーチャルドッカン大乱戦2.0攻略まとめ

 

今回は第2回バーチャルドッカン大乱戦2.0の攻略情報をお届けしてきました。

基本的にバトルロード同様どれだけ強いキャラクターを持っているか?ということのみで勝負が決まる大乱戦。

アイテムも持ち込めないのでバトルロード以上に純粋に手持ちのキャラが問われるのでキャラが揃っていないことにはどうしようもないのですが…。

 

潜在解放率、必殺レベルによっても難易度は大きく変わってきますから、この機会に育てるキャラを吟味して育ててみましょう。

通常は編成できない同名キャラクター、全く同じキャラクターも編成可能ですから、そのあたりも考慮して手持ちを見直してみると良いでしょう。

また普段全く眼中にないようなキャラクターが意外とサポート要員として優秀だったりしますから、くまなく手持ちのキャラクターのパッシブやリンクスキルをチェックしてみると良いですよ。

 

全部クリアできなくても報酬はゲットできますし、ウィークリー報酬などもありますから、少しでも多く攻略できるように編成を考えてみましょう。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です